脳室腹腔短絡術、VP-シャント術
2016/07/18(Mon)
母の手術の事を今日は書きます、興味のない方はスルーして下さいね。

母が正常圧水頭症の「脳室腹腔短絡術、VP-シャント術」を受ける為、13日に入院し14日に

手術し23日が退院の予定でした。

母は看護師さんの好き嫌いもあるようで、自分の気に入らない事をすると暴言は吐くし

手で払いのけて暴力的な事をするので退院までみんなで分担し昼間に付き添うシフトを

組んでいました。

14日の手術当日はICUで点滴で寝ていました。



IMG_20160714_191925_20160718093615.jpg




術前の日も寝ないので、姉が付き添った時15日夜もついて貰えますか?との事だったが

家では飲ませていませんが睡眠薬を使ってくれてもいいのでとリスぺりドン内服液1mgを2本

飲ませて貰っていたが、安定剤を飲ませても寝なかったようです。

16日は寝ても1~2時間だったそうで昨日私が付き添いに行くと目が充血して真っ赤になっていた。

先生が私に話があるとの事だったので、本来は1週間から10日で23日まで入院の予定だったが

本人が落ち着かない様なので早目に退院しますか?とのこと今日でも明日でも良いとの事だった。

朝の検温で37,2度と少し熱があったので、術後1番心配なのが感染症と聞いているので

チョット躊躇していた。

リハビリもあったり、この日は日曜日同室の見舞客も多いので不安定になり、夕食の時間が近づくと

帰りたい病が発症しだした。

食堂に行くと、丁度仕事が終わった姉から電話があり先生からの話しと連れて帰ろうかという話を

聞いて、自分の都合の良い事にだけは反応するので帰ると立ちだした。

それを見た看護師さんが「立って転倒すると危ないので拘束ベルトとか聞いてますか?」と

言われたが、術前の先生の説明で感染症予防の為に手袋や触らないように手を拘束する場合が

あるとは聞いていたが、その為に毎日家族が付き添うようにしてるので「聞いてません」と

答えると担当の看護師さんに聞いてみますねと言われた。

母に「先生に帰れるように聞いてあげるから、ジッとしとかな帰して貰われへんよ」というと

ジッと座りだした。

丁度食事介護の看護師さんが福岡弁を喋られていたので「福岡の方ですか?」と聞くと

「ばれちゃったね」とお友達が福岡なので同じだなと思ったと話しをしだすと、

カワイイ人なのですが喋りにくかったのが話しやすくなり「実は先生から退院の事を

家族で相談するように言われていて、朝の体温が37,2度あるので夕方の体温が

上がっていないようなら今日退院させて貰おうかと思ってる話をしている所に

担当の看護師さんが来られ、基本は日曜祝日の退院はないとの事、しかし

先生が朝の時点で本人が落ち着かないのなら家に帰るほうが良いので今日でも

明日でも良いような話になっていましたというと、先生に相談しますと言われた。

先生も来られて、次回受診までの退院後の注意点などを聞いて昨日退院してきました。

一人でも車いすの母を連れての退院で、荷物が多く駐車場も1日停めても600円の所に

停めたので、遠いのでその間母をどうしようかと思っていた所、看護師さんと

男の看護師さんが私が駐車場まで車を取りに行っている間預かってくれたり、

下まで連れて来てくれたり色々手伝って下さった。

色々迷惑のかけどうしだったけど、ありがとうございましたm(_ _)m

昨晩は安定剤は飲ませていませんが、昨日の夜はグダグダしながらベットでは寝ずに

畳の上で今もまだ寝ています。

全く我儘で、今回の入院は大変でしたがちゃんと寝て、どれだけ回復したのか

今後の様子をみて行きたいと思います。

今日もコメントはクローズさせて頂きますね(*´v`*)



ranking00

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 母の介護 | ▲ top
| メイン |