ナナちゃんとミルクちゃんとプッチ君とアノンの事
2016/06/04(Sat)
昨日はキュートにナナちゃんが来てくれました。



IMG_1348n.jpg



全身2mm、尻尾はライオンに



IMG_1351n.jpg



髭はそのままで、耳の飾り毛も取って縁を揃える、ナナちゃんカワイイ~(☆∩艸∩)



IMG_1352n.jpg



ナナちゃんまた来てね(*´v`*)

引き続きミルクちゃんが来てくれました。



IMG_1353n.jpg



体2mm、足バリで小さな丸のポンポンに、尻尾も小さいポンポンに



IMG_1359n.jpg



ミルクちゃんと言えば、お尻にハート♪



IMG_1358n.jpg



顔はアフロに、ミルクちゃんカワイイ~(☆∩艸∩)



IMG_1355n.jpg



ミルクちゃんまた来てね(*´v`*)

引き続きプッチ君が来てくれました。



IMG_1361n.jpg



体3mm、足先丸く真っ直ぐに、尻尾はポンポンに



IMG_1363n.jpg



顔はティディで、耳は顎ライン、プッチ君カワイイ~(☆∩艸∩)



IMG_1365n.jpg




毎回尻尾フリフリ私に飛んで来てくれます、なるべく痛くないように、嫌にならないように

いつも気を付けていますが、トリミングというワンちゃんにとって嫌な事をする私にこんな風に

来てくれるのが気持ちが通じていると思えることが、本当に嬉しい(*´v`*)

今まではママさんと離れる時にこんな声出すのか?と思う位だったのにキュートでは

そんな事がないので、良くして貰っているんだなと思っていますと言って下さった。

元々フレンドリーな性格のプッチ君、トリミング時も大人しくお利口さん。

言葉が通じないワンちゃんだからこそ、体で伝えるしかない、こちらこそ本当に嬉しい。

ありがとうございますm(_ _)m

プッチ君また来てね(*´v`*)




ここから後は私の反省健忘禄、文章が長いので興味のない方はスルーして下さいね(*´v`*)

言葉が通じないといえば、昨日は朝から大変でした。

1週間前にアノンが消化液のような物を吐いた、この時はまだ食欲があったが

半日くらい絶食し少し様子を見ようと、その後は普通に過ごしていて2日前に今度は

未消化の物を吐いて今度は食欲がなくまた絶食し、今度は元気がない。

昼間は殆ど仕事の私はアノンを見れてなくて、パパに聞くとジッとしてる。

でも普段どうりパパの椅子の横に座りに来ていたので普通と思っていたそうだ。

いつも私と一緒に寝るのだが、元々食べてもあまり太らない子なのだが、痩せて

ガリガリになっているので、次の日にはパパに病院に連れて行って貰おうと思っていた。

その時はまだ私が連れて行く為に夕診にしようか?なんて悠長な事を思っていたが、

一昨日の夜中に、なんか調子が悪い。

元気がないので食べてないのでヤギミルクをあげたり砂糖水をあげたりして過ごしていて

、これはもう朝から連れて行って貰おうなどと思っていると、左後ろ脚がピンと伸びた感じに

なっているのを暗がりに見た。

なんか痙攣してる感じだなと今度は電解水の買い置きがなかったので、砂糖水に少しだけ

塩を入れて飲ませた。

この時夜間緊急診療所に走ればよかったのでが、ことがここまで重要な事とはまだ判らなかった。

夜が明けて6時頃、病状が悪化しだしアノンは立てなくなっていた。

丁度パパも起きて来て、夜間救急を調べるが夜間は12時までとか朝は6時までしか

してないとか連絡しても通じず。

7時には今までにない息遣いでハアハアしだし、目も見開いたまま。

どこも通じづ、かかりつけのお医者さんは大きな病院で先生は通いなのでいないのは

判っているがどこの病院に行っても同じで、開院の時まで待っていると死んでしまうと思い

かかりつけの病院にパパと一緒に車で走った。

この間も苦しくてか細い声でワンワンと鳴いたり、この時はこのまま死んでしまうのかと思う位で

病院に到着するころには泡も吹いていた。

ここは夜間は誰もいないのだがインターホンを押すと、丁度看護婦さんが出てくれ事情を説明し

取りあえず酸素室に入れてくれた。

この時8時頃、少し経つと先生もいらっしゃりアノンを見てくれた。

私は予約があるので歩いて家まで帰りパパの連絡を待った。

レントゲンや血液検査の結果、血液検査は殆どが正常値で私が心配していた

腎臓や膵臓の数値も正常値、小腸辺りにガスが溜まっていてそれが悪さをして

肺水腫になっているとの事、まだ油断できない状態なのだが病院で治療しアノンの

生命力に掛けるしかない。

夜7時に説明するので、来るようにという事でパパと2人で行くと診察室にはトコトコ

歩くアノンがいた。

肺水腫は上手く薬が効いてくれると3時間ほどで安定するらしく、この日治療するものは

全て終わっているし、病院には夜間誰もいないので帰っても良いとの事。

帰ってきたらみんなが迎えるこの姿、見れて本当に良かった。



IMG_1367n.jpg



緊急病院は夜診が終わる頃から夜中12時までか、長くやっている所は朝の6時まで

朝の6時から病院の開院時間の9時頃までがどこも診て貰えない時間になります。

誰でも知っている事かもしれませんが、私は初めて知ったこの事実。

きっと頭では判っていたはずなのに、現実に向き合い実感したのが昨日でした。

かかりつけの病院が家と一緒でいつも診て貰えるところ以外の人は、気になるようなら

緊急病院で診てもらう事がお勧めです。

高額なのがネックなのと中々判断が難しくしかし病状が進むのは早いので、念の為に

家族の命に代えられないです。



IMG_1368n.jpg



あの時はショック状態だったそうで、判断を誤っていたらアノンの命がなかった。

本当にありがとうございますm(_ _)m

念の為にad缶を貰って帰り、ご飯をみんなと待つアノン。

朝もちゃんと食べて、今日はまた朝から病院です。

今日から原因を調べる検査をする為に朝連れて来て夕方に帰るそうだ。

アジソン病の疑いもあるとの事、多分風邪をひいてそこから下痢をしないけど

腸に来たのかな?と思っているのだが、削除法で原因を調べなきゃね。

言葉を話せないワンちゃん、病状も人間が思うより早く進みます。

そんなこと知っていた私なのにこの状態、ここ最近寒暖の差が激しいので

皆さんの所のワンちゃんも、気を付けてあげて下さいね(*´v`*)

アノンがいつもどうり元気にしています、まずは報告まで。

今日もコメントはクローズさせて頂きますね(*´v`*)



ranking00

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト
この記事のURL | キュートのお客様 | ▲ top
| メイン |