3連休の最終日
2014/07/22(Tue)
昨日はキュートは3連休中の唯一のお休み日和でした。

以前からこの日は行こうと約束していた所に行ってきました。



中山寺



関西の皆さんは見覚えのある所かも?

私は今回で5度目でした。



中山寺2



最近の事件で最近の人との関わりが欠けてきて、守るべきものがなく失うものがない

「無敵の人」などと自分の事をそういい、自分の犯罪の理由にした事件がありました。

日本社会はこの「無敵の人」とどう向き合うのか真剣に考えるべきですと言いました。

「無敵の人」はそんな人じゃない、言葉では簡単です。

確かに失うものがないと思っている人は、犯罪を犯せば怖いです。

でも、大方は犯罪に手を染めない人が多いです。

人との関わりを自分の中でどう受け止めるかによって、みかたは変わってきます。

今まで生きてきた中で、自分の存在そのものがあるだけで良いんだという事を

感じられなかった事、そんな人に今まで出会い感じることがなかったのか?

犯罪を犯し、警察官や刑務官に何気なく言われた言葉にハッとし気づいた事が

多々あったそうで、今頃と思うか、今気づいて良かったと思うかは本人次第です。

1番初めに築く人間関係が、親子。

子供は作ったり生む事よりも、育てることが何よりも難しい、子供は自分の思いどうりに

絶対なりません。

まだ今も子育て中ですが、自分が親となり、子育てをしながら感じたことです。

親がその子のこれから生きていく人生において、大きな影響を与えると言い切っても

良いくらいの影響が親にはあるんだという事を、考えながら子育てをしないといけない。

子育てをしている親にプレッシャーを与えると言われても、それくらいの覚悟で子供は

育てないといけないし、そんなに大変な事をやっている自分を誇りに思って下さい。

逆に自分が子供なら、子供には不満足な親でも親なりに自分の出来る精一杯の事を親は

しているんだと、理解して欲しい。

簡単な考えで子供を産んだりせずに、親も子供を育てながら自分の人間性を育てて欲しい。

親も人間、子育ては初めてだし、何でも急に出来ないので他の子と比べずに焦らずに

その子の足りない所は、少し訓練し、良い所は褒めて伸ばしてあげて欲しい。

つい、怒りすぎた時は自分を責めず、何で怒ったのかちゃんと子供に説明すればいい。

子供は生まれ落ちた時から別の人格で、自分の所有物ではない。

難しい事は判らないが、ただそれだけでいいと思うのです。

何の見返りも求めず無償の愛を持って育てることが、子育てでそれが成功したかどうかは

その子供が子供をを育てて、自分から言えば孫なのですが、孫が普通に育って初めて

自分の子育てが成功したかどうかが判るのだそうです。

長~い子育て、焦らなくてもやり直すチャンスはいくらでもあるかもしれません。

子育てをして、「お陰様で」「いつもありがとうございます」という感謝の言葉が

いつも口に出てくるようになりました。

子供が居なかったら、人に迷惑を掛けることもないし何でも自分のしたい事は何でも

自分で出来ますが、子供がいると人に必ず迷惑を掛けるし、誰かのお世話になります。

親も子供を育てているようで、心は子供に育てられているのです。

子供も犬を育てることも共通してる事が、多々あるなと感じます。

小さい頃から動物を育て心の成長を手助けをし、子育ての練習をしたりすることも

必要な事かもしれないと思います。

なんか長くなったけど、この張り紙を見て思いました。

どの命も大事な命、最後はみんな仏になれる。

こんな有難い言葉に、なるほどとうなずきながら、頂いたものは



中山寺3



中山寺の腹帯、この腹帯に書かれてる男女と反対の子が生まれると聞いていますが

長女の貰った腹帯には「男」の文字が・・・



中山寺5



健康であるなら、どちらでもいいと思いながら出来れば女の子を育ててみたいと

思っている長女夫婦には嬉しい「男」の文字でした。

悪阻が酷くて、夫婦とも我が家でご飯を食べていましたが今は安定してきて、

昨日から自宅に帰って自分で晩御飯を作っています。



中山寺4



久しぶりに行った中山寺は、私達の時は階段を上って行きましたがエスカレーターが

ついていて、楽ちんで上がれました。

私が今回で5度目というのは、子供は3人なのに変だな?と思ったかもしれませんが

3人の子供の時に貰いに来たのと、返すのは貰いに来るのと同時で、最後の3番目の次女の

新しい晒を持ってお礼参りに行ったので、自分の子供の時は4回行きました。

無事な出産のお礼に持って行った晒を、お参りに来た人に安産を祈願して渡してくれます。

どうか無事に生まれてきますように・・・。

コメントはクローズさせて頂きますね(☆∩艸∩)



ranking00

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | ▲ top
| メイン |